「農業フォーラムinしぶかわ・多収米EXPO」開催 農家存続へ食味コンテスト

最優秀賞の表彰状を授与される石井昌嘉氏(左)

最優秀賞の表彰状を授与される石井昌嘉氏(左)

 農家主導による初の多収米にフィーチャーした新米食味コンテストが4日、群馬県の渋川市伊香保体育館で開催された。「第1回農業フォーラムinしぶかわ・多収米EXPO」で、地域農業再生や活性化に取り組む生産者団体・広域農業支援センターが組織する「農業フォーラムinしぶかわ実行委員会」が主催。農家に需要に見合ったコメ作りを推奨し、農家所得向上や担い手振興を通じて農業・農地存続が目的だ。後援は渋川市やJA北群渋川などで、有力コメ卸木徳神糧やアイホーらが協賛した。  コンテストは、全国の

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら