ミツカングループ、食品循環を推進 商品開発など多方面で

調味 ニュース 2020.08.17 12098号 02面
素材を丸ごと食べるZENBブランド

素材を丸ごと食べるZENBブランド

 ミツカングループは、ビジョン「やがて、いのちに変わるもの。」の下、19年3月に「サステナビリティ推進室」を立ち上げ、食品の循環を推進している。
 その一環として3日、京都市と食品ロス削減に関する連携協定を締結。「京都の野菜を無駄なくおいしく食べ尽くす」商品開発やメニュー提案活動に乗り出した。「日本酒製造過程の『酒かす』を原料にしたかす酢製造が成り立ちで、創業当初から資源循環に取り組んできた企業だけに、売場はもとより台所まで入り込んだ提案としたい」(有

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら