トモシアHD、脱同質化をさらに加速 価格設定を再構築 新事業モデルの確立も

卸・商社 ニュース 2019.08.14 11923号 01面
竹内成雄社長

竹内成雄社長

 トモシアホールディングス(HD)は地域活性化や成長領域事業を軸とした脱同質化競争のスタンスをさらに加速するとともに、深刻化する物流問題への対応も視野に入れ商品ごとの価格設定の再構築へ取り組む。同業が持たない事業モデルの確立と収益基盤の見直しに努め、今期のグループ連結売上高は7430億円(前年比3.4%増)、経常利益43億円(同4.8%増)を目指す。8日、東京都内で開催した「トモシアホールディングス共栄会」の第3回総会で、同社の竹内成雄社長が今期重点施策としてメーカーのトップ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら