国分グループ本社、「K&K コンビーフ」刷新 容器・味・容量など

現行デザインの踏襲で歴史感を残した「K&K コンビーフ」

現行デザインの踏襲で歴史感を残した「K&K コンビーフ」

 国分グループ本社は15日、「K&K コンビーフ」など全3アイテムのパッケージや味、容量などの改良でリニューアル発売すると発表した。  1951(昭和26)年の「K&Kコンビーフ」の発売から、69年ぶりの形態変更となる。容器を従来の枕型缶詰より開けやすい「アルミック缶」に変更し、賞味期間は従来品よりも6ヵ月長い3年6ヵ月とした。  初代コンビーフ枕型缶詰のデザイン踏襲で歴史感を残すとともに、中身は加工油脂を使わず「黒毛和牛脂」にすることで口当たりをまろやかにし、乳化剤(カゼイ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら