六甲バター、第2四半期は増益推移 チョコ・ナッツ伸長

乳肉・油脂 決算 2021.09.03 12287号 16面
塚本浩康社長

塚本浩康社長

今秋冬新商品「包み」などで市場活性化を狙う

今秋冬新商品「包み」などで市場活性化を狙う

 【関西】六甲バターの21年12月期上期は、売上高前年比0.2%減の226億0200万円、営業利益同37.8%増の9億9400万円、経常利益同55.6%増の9億5700万円と、為替相場の変動や減価償却費の減少などの効果で売上総利益が増加し増益となった。四半期純利益は固定資産売却益や補助金収入などの特別利益を計上し、同535.1%増の21億9300万円で着地。塚本浩康代表取締役社長は8月19日に実施した業界紙向け会見で、今期の振り返りと下期戦略について発表した。(篠原里枝)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら