ヒットの兆し:エスビー食品「本挽きカレー」 スパイスの香り最大限に

調味 ニュース 2020.04.13 12038号 01面

エスビー食品が2月10日に発売したパウダールウタイプの「本挽きカレー」(中辛、辛口の2種)は、発売以降順調に店頭化が進み好調に推移している。カレールウは減少傾向にあるが、40~50代では濃厚でスパイス感のある手作り感のあるカレールウへの期待が高まっている。「本挽きカレー」はこれらの消費者層を意識した新商品で、じっくり炒めた玉ネギと丸鶏、香味野菜を丁寧に煮込んだブイヨンを合わせたベーススープにカレー粉、スパイスをブレンドした濃厚で香り豊かなカレールウ。大きな特徴として「パウダーカレールウ製法」を採用。これは刻んだルウにパウダースパイスをブレンドすることで、熱ダメージが少なくスパイスの香りを最大限に引き出すことができる製法だ。固形ルウに比して油脂配合比が少なく、カロリーや脂質を抑えることができる。また食後の後片付けも軽減できる。

3月からは及川光博を起用したTVCM「おしゃべりなカレー編」を全国で展開。「フライパン調理」「スパイスの香り立ち」などの商品特徴を伝えている。さらにプロモーションとして「ゴールデンカレー」などと連動したトータル提案をカレーの需要期に向けて行い、さらなる拡大を図る。またカレー商品類トータルで飲料メーカーとのコラボも予定している。(高木義徳)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら