ビジョンバイオ、食物アレルゲン検査に“マスタード”追加 輸出企業支援図る

総合 ニュース 2022.03.11 12373号 05面

 食物アレルゲンの受託検査サービスを展開するビジョンバイオは、1日から食物アレルゲン検査の対応品目にマスタードを追加した。このメニュー追加により、同社では計12品目の海外アレルゲン品目の受託検査が可能となった。
 21年度の農林水産物・食品の輸出額は1兆2385億円(前年比25.6%増)に成長するなど、食品業界では海外輸出の意欲が強まりをみせている。そうした背景から、輸出相手国の規制に沿った食品検査の需要も拡大しているが、一方で食物アレルゲンの表示規制

書籍紹介