ISC-net、ロス減へ未利用原料 オンラインセミナーで長野の活動紹介

 全国各地で産官学連携による食品ロス削減やSDGsの取組みが活発化する中、食品原料のマッチングサイト「シェアシマ」を運営するISC-netは1月25日、オンラインセミナーを開催した。同社の地元である長野市の行政や大学、事業者などが連携して推進する食品ロス削減に向けた活動などを紹介した。
 同社は昨年8月、フードチェーンの各段階で発生する未利用の食品原材料(余剰在庫や端材など、諸事情により廃棄せざる得なくなった食品原材料)に特化した原材料マッチングサイト

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら