フジッコ、フーズパレットを子会社化

 【関西】フジッコが中華惣菜の製造・販売を手掛けるフーズパレット(神戸市中央区)を完全子会社化する。6月27日に全株式譲渡契約を締結済みで、8月1日に譲渡完了予定。  フーズパレットは百貨店を中心に「四陸(フォールー)」「チャイナチューボー」などの中華惣菜ブランドを全39店舗展開しており、19年3月期の売上高は23億3400万円。  フジッコは主力事業である惣菜製品のさらなる業容拡大を成長戦略の一つに掲げており、「当社が保有するマーケティング力、販売力、研究開発力とフーズパレ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら