アルパ、「熱分解炭化装置」開発 熱分解で廃棄物処理コスト減 設置認可も不要

熱分解炭化装置「PWCD」

熱分解炭化装置「PWCD」

 【関西】食品工場から排出される多くの食品残渣(さ)や廃プラスチック、廃棄木材・紙類、コーヒーや焼酎、茶葉などの搾りかす。これらを熱分解し炭化物や電気エネルギーに変換する「熱分解炭化装置」を、大阪市平野区のアルパ(電話=06・7777・4250)が開発し、販売を始めた。同装置で廃棄物を熱分解処理することで、廃棄コストの大幅な削減が図られるとともに、変換された電気エネルギーの供給や処理後の炭化物の再利用も可能となる。  今回、同社が開発した熱分解炭化装置「PWCD」は、廃棄物と

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら