マルヤナギ小倉屋、バイオガス発電が「ひょうごecoモデル事業」に登録

大門工場排水嫌気処理設備

大門工場排水嫌気処理設備

 【関西】マルヤナギ小倉屋の「大門工場の有機排水等を利用したバイオガス発電」の取組みが、バイオマス利活用の拡大を図るために、兵庫県が登録制度として推進している「ひょうごバイオマスecoモデル」に、「第83号食品工場有機性排水等の嫌気性微生物群を利用したメタン発酵による小規模発電」として登録された。4月26日に神戸新聞社神戸本社で登録証授与式、兵庫県バイオマス活用推進大会での事例発表が開催された。
 大門工場(同県加東市)では、機械洗浄時の有機性排水など

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら