効果音だけで説明は不要…米国で最も売れ続けているチョコ菓子【世界の食品CM】

リーシーズ・ピーナッツバターカップ(ハーシー・カンパニー)

リーシーズ・ピーナッツバターカップ(ハーシー・カンパニー)

テレビ画面を見ていなくともスプーキーな音が流れば必ず耳を立て、振り向いてしまう。宇宙人かUFOが登場する時のサウンドである。短いシンプルなCMだが、パンチが効いている。「この瞬間にリーシーズの宣伝が出てきたのは、君のデバイスが君の胃袋を聞いている証拠だ!」などと言われると、その気にさせられてしまう。

ハーシー・カンパニー(The Hearshey Company)のリーシーズ・ピーナッツバターカップ(Reese’s Peanut Butter Cup)は、米国で一番売れているチョコレート菓子だ。しかも誕生したのは、大恐慌前の1928年のこと。90年以上もコンスタントに愛され続けている驚異の菓子だ。

米国人にとって、これほど愛されているからには説明も何もいらない。パッケージを見せなくても、形を見ればわかる。ピーナッツバターの塩味がチョコレートの甘みと絡み合う絶妙なバランスを舌に浮かぶ。(日食外食レストラン新聞 ニューヨークNY駐在記者・外海君子)

日本食糧新聞・動画版

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら