全国清涼飲料連合会・米女太一会長 諸問題解決へプラットホーム構築を

 全国清涼飲料連合会(全清飲)の米女太一会長が13日、千葉市内で開催された「第6回ドリンク ジャパン」で講演し「清涼飲料が社会を明るくするために、直面する環境問題については、事業者が手を携えて解決するプラットホーム構築が求められる」などと述べた。
 講演の中で米女会長は、PETボトルが市場に登場した1982年以来、PETボトルが2020年には清涼飲料の容器シェア76%を占めていると紹介。資源再生についても92年からガイドラインを作り、PETボトルが循環

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら