アクシアルリテイリング、4~6月は計画上回る増収増益 客数減を単価増で補う

小売 決算 2019.08.16 11924号 03面

 【新潟】アクシアルリテイリングの20年3月期第1四半期連結業績は、計画を上回る増収増益だった。ゴールデンウイーク(GW)の10連休などが影響し、既存店の買い上げ点数・客単価がともに増加したことが要因。7月は昨年絶好調だった反動減はあったものの、8月に入って復調傾向。通期業績は修正せず期初の計画通り、売上高0.7%増の2370億円、営業利益11.8%減の84億円、経常利益12.4%減の85億円、純利益12.9%減の56億円を予想する。  4~6月業績は、売上高576億1500

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら