亀田製菓、第2四半期は増収減益 選択と集中で営業増益

菓子 決算 2019.11.08 11968号 03面

 【新潟】亀田製菓の20年3月期第2四半期連結決算は、売上高486億4900万円(前年比3.5%増)、営業利益14億0200万円(同6.9%増)、経常利益16億9100万円(同6.1%減)、純利益11億8800万円(同4.0%増)で、増収減益となった。  部門別では、国内米菓事業の売上高が392億3100万円(同3.9%増)、営業利益18億9200万円(同20.9%増)。主力ブランドへ経営資源を集中し、販促活動の最大化を企図。「ハッピーターン」「亀田のまがりせんべい」「つまみ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら