日本アクセス21年3月期 SM好調もCVS・外食苦戦で減益

卸・商社 決算 2020.07.31 12090号 04面

 日本アクセスの21年3月期第1四半期は、SMの好調で売上高が微増収となったが、CVSや外食の苦戦が影響し大幅減益となった。なお、宮城県岩沼市にある東北の物流拠点火災で10億円を超える特別損失を計上し、純利益は大幅に減少している。連結業績は次の通り。  ▽売上高5325億2100万円(前年比0.5%増)▽営業利益20億0700万円(同33.4%減)▽経常利益21億3700万円(同33.1%減)▽純利益3億1200万円(同83.6%減)  (山本大介)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら