日食SDGs特別セミナー:食品ロス削減へ製・配・販の連携強化 大手卸3社が講演

 日本食糧新聞は9月27日、「日食SDGs特別セミナー」の第2弾として「卸売業の食品ロス削減対策」をテーマにオンラインセミナーを開催した。事業活動を通じたサステナブル経営が重要性を増す中で、食品産業の商習慣の見直しや流通効率化などが喫緊の課題となっている。セミナーでは大手卸の三菱食品、日本アクセス、国分グループ本社の実務担当者が登壇。現状の課題認識や自社の取組み事例について紹介しつつ、より強固な製配販の連携強化が重要といった共通認識も示された。
 本紙