11月度業態別主要企業販売動向 感染再拡大で百貨店再び大幅減

小売 統計・分析 2021.01.13 12170号 12面

 20年11月度の業態別主要企業販売動向は、新型コロナウイルスの感染再拡大の影響で百貨店が前年比2桁減と苦戦を強いられ、総合スーパー(GMS)も10月より上げ幅を縮小した。食品スーパー(SM)は総じて前月並みの水準で堅調を持続し、ドラッグストア(DgS)も一部企業を除いて高い伸び率を確保した。12月も感染再拡大が続き、21年1月には緊急事態宣言の再発令がどう影響するか、先行き不透明感が強まる。(山本仁)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら