4月全国百貨店売上高、反動増も19年比悪化

小売 統計・分析 2021.06.07 12240号 04面

 日本百貨店協会がまとめた21年4月の全国百貨店の食品売上高は859億9793万円、店舗調整後で前年比75.3%増と2ヵ月連続で前年を上回った。東京地区の食品も同111.6%増と3桁の伸長だった。全国百貨店の食品を含む総売上額は3178億円、167.0%増だった。前年の緊急事態宣言に伴う臨時休業や時短営業など営業自粛の反動増による。
 ただコロナ禍の影響がない19年比では27.7%減で、下げ幅を前月より8.6ポイント悪化。まん延防止等重点措置適用や3度

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら