8月全国百貨店売上高、再び下落も1桁台に

小売 統計・分析 2021.10.06 12305号 14面

 日本百貨店協会がまとめた21年8月の全国百貨店の食品売上高は861億8245万円、店舗調整後で前年比6.1%減と6ヵ月ぶりで前年を下回った。他の部門の下げ幅が2桁台だったのに対して、食品は1桁台にとどめた。東京地区の食品も1.4%と小幅な下落。全国百貨店の食品を含む総売上額は2783億円、11.7%減と2ヵ月ぶりでマイナスに転じた。新型コロナウイルス感染急拡大による主要顧客の外出自粛、混雑時の入場制限、一部テナントの休業に加え、大雨など天候も響いた。19年同月比も売上高で3

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら