大手総合小売2社・中間決算 増益もコロナ前に届かず SMは一昨年比で堅調

小売 決算 2021.10.11 12307号 01面

 イオン、セブン&アイ・ホールディングスの大手総合小売2社の22年2月期中間決算は、本業のもうけを示す営業利益は前年同期を上回ったものの、コロナ前の一昨年比では下回る結果だった。セグメント別では食品スーパー(SM)が前年比ではマイナスも一昨年比ではプラスで堅調。一方でセブン&アイの国内コンビニエンスストア(CVS)は前年比では営業増益も一昨年同期には達せず。今上期は緊急事態宣言など行動が制約されたが、下期は緩和される中、コロナで変化した消費者ニーズにどれだけ対応したかで格差が

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら