1月GMS・SMの食品売上高、内食需要が持ち直し

小売 統計・分析 2022.03.23 12377号 04面

 1月の総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)の既存店ベースの食品売上高はGMSがプラスで、SMが前年割れも一昨年比ではプラスだった。日本チェーンストア協会(JCA)統計による食品の既存店売上高は前年比0.8%増で9ヵ月連続で前年を上回った。日本スーパーマーケット協会(JSA)、オール日本スーパーマーケット協会(AJS)、全国スーパーマーケット協会(NSAJ)のSM3団体統計(速報版)は2.1%減と前月とほぼ同水準の下落幅にとどめ、20年同月比では4.6%増だった。新型

書籍紹介