白子、ギフト久々の回復 今期、家庭用軸に巻き返し

水産加工 ニュース 2020.07.03 12075号 02面
原田勝裕社長、1日の決算会見は距離確保など感染対策に努めた

原田勝裕社長、1日の決算会見は距離確保など感染対策に努めた

 白子は前3月期、海苔のギフト部門売上げを久しぶりに伸ばした。中元・歳暮の長期縮小を止め、パーツ販売を増やした。連結業績は国産相場の高騰、子会社の投資もあって赤字。主力の家庭用を成長させて今期、増収増益に転じる。  ギフトは前期、メーンチャネルの中元・歳暮売上げが前年並み。前年の苦戦の要因だった量販店の送料徴収・明示が浸透した。相場高による減量も定着。平成30年間で半減した、減収傾向を止めた。バラエティーギフト向けパーツ売上げが前年比43%増と好調だった。仏事はコロナ禍の会葬

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら