キッコーマン、通期予想は微増益へ 海外は家庭用増

味噌・醤油 決算 2020.11.13 12146号 03面

 キッコーマンは9月までの第2四半期、海外の家庭用売上げを伸ばし、業務用などの苦戦を補った。連結で微減収まで持ち直し、営業増益も果たした。中間決算とともに通期予想も初公開。外食向けといった業務用、収益の回復を見込む。
 新型コロナウイルス感染症が拡大し、世界で外出と飲食業の営業が規制された。国内外ともに家庭用需要が伸び、業務用は減って6月からの経済再開も復調はゆるやかという。
 部門別では海外の醤油売上げを前年比6.1%増と伸ば

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら