味の素社、栄養評価の世界基準をリード 西井孝明社長がATNイベントで提言

西井孝明社長

西井孝明社長

 味の素社は世界の栄養改善の評価基準を、健康的な生鮮食材の調理、啓発活動に導く。西井孝明社長が5日、オランダのATN(Access to Nutrition)財団の投資家向けイベントに登壇し、調味料や食育の貢献を認めるべきと訴えた。12月からの東京栄養サミットに先駆け、アジアでの浸透と意識向上を促した。
 不足・過剰栄養を解決する栄養戦略を定め、開発用の栄養プロファイリングシステム(NPS)の構築を進めている。実際の調理メニューも対象にし、製品向けには

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら