施設内飲食店舗シリーズ:世田谷ビジネススクエア、快適なコミュニティ空間

1994.07.04 55号 6面

地上高一二〇mのノッポビル。世田谷ビジネススクエア(SBS)は、東急新玉川線用賀駅からゼロ分の位置にある。ゼロ分といっても、駅施設と同スクエアは一体化しているので、地下ホームからSBSの施設にストレートアプローチできる。

用賀は渋谷から一二分の時間距離にあって、世田谷区の南西部に位置する住宅街だが、この施設の立地は以前は東急の車庫があったところだ。

そこを再開発しての施設建設で、文字どおり地域のビジネス、商業空間としての機能を発揮している。敷地面積約六五〇〇坪、建築面積二七〇〇坪、延床面積二万九〇〇〇坪のスケールで東急グループとしては最初の大型都市施設だ。

「人々が働き、語らい、歩き、憩うときに、ここちよい空間……駅から街へと広がる都市施設」。SBSの開設コンセプトが、人の流れを考えた施設デザインとなっている。

世田谷は東京では有数の住宅ゾーンだ。用賀地区はこの中にあって、首都高速(三号線)や東名高速(用賀ランプ)、玉川通りが街を貫いており、また、近隣地には砧公園をはじめ、馬事公苑、駒沢オリンピック公園などのグリーンゾーン、さらには、大学や美術館などの教育文化施設が点在しており、都市および商業施設の建設にあっては恵まれた立地条件下にある。

SBSはこれらの多面的な要素をとり入れて具体化したビジネス(商業)施設で、地域のコア的機能、人々が集散するコミュニティ空間としての役割を発揮している。

住宅街に一二〇mの高層ビルはアンバランスな面があるが、施設はこれをシンボルタワー(中核施設)にして、中層四棟、低層三棟の計八つの建物を展開、独自の都市空間を創出している。

客単価一〇〇〇円前後。客層は平日がオフィスのサラリーマンやOLなど、土・日は地域のファミリー客が主体になる。

用賀地区は近隣商業(基準容積率四〇〇%)、住居地域(同三〇〇%)の用途利用だが、SBSは建ぺい率四二%、容積三八〇%と、ゆとりの施設計画を実現している。

これは高層のタワービルにオフィス機能を集約することによって、オープン空間を拠出し、それによって中・低層のビル展開を可能にした。

このため、景観的には高層ビル一棟が突出する形で、バランスの悪さがあるが、しかし、前述のとおり、空間の広がりと人の流れを基本にした施設展開で、地域のコミュニティ施設として大きく寄与している。

地域有数のビジネス拠点

オフィスビルには日本サンマイクロシステムズ、アップルテクノロジー、富士ゼロックス、NTTデータ通信などの情報会社ほか、新キャタピラー三菱、日本生命、安田火災など計一八社が入居しており、世田谷でも有数のビジネス拠点としての機能を発揮している。

このオフィス人口は現在二二〇〇人で、まだビルには三割ほどの空きがあるが、これがすべて埋まれば最終的には三〇〇〇人、さらに来館者を三〇〇〇人とみて、トータルで六〇〇〇人のビル人口になる見通しだ。

ビルの入居条件は明らかにしないが、基本的には体力のある企業の入居を希望している。つまり、SBSをビジネス拠点として永続的に業務が展開できる企業の入居ということだ。

施設の商業ゾーン「SBSPLAZA」は、これらビル人口の消費(生活)行動を支援するのに加えて、地域の人々の利用も可能だ。

店舗は和洋レストラン、ファストフード、喫茶・スナックなど一二店の飲食店ほか、銀行、郵便局、旅行会社、クリニック、歯科院、オフィスサービスセンターなど七店が展開している。

飲食については今年秋ごろまでには四店が出店する予定で、同プラザは飲食店舗を多く集約するといった施設展開だ。

「近隣商店街とバッティングしない店舗展開を配慮しておりまして、衣料とか用品店などの出店はありません。飲食施設の展開はオフィスで働く人たちの昼食や夕食ニーズに対応したものであるわけですが、もちろん、地域の方々のご利用も可能で、土・日には地域のファミリー客などの利用がほとんどといった感じです」(東急不動産・都市事業本部テナント営業部・店舗営業チーム松野守邦氏)

飲食分野の初年度売上げ目標は一五億円を設定しているが、日を追って集客力が増してきているので、目標は十分に達成できる見通しだ。

施設データ

所在地=東京都世田谷区用賀四丁目

事業主=東京急行電鉄(株)、東急不動産(株)

総投資額=六〇〇億円

敷地面積=約六五〇〇坪

建築面積=二七〇〇坪

延床面積=二万九〇〇〇坪

建ペイ率=四二・三%

容積率=三七八%。ビル施設=高層棟地上二九階、地下二階建(一棟)。中層棟地上五階、地下二階建(三棟)、地上六階、地下一階建(一棟)。低層棟地上二階、地下二階建(三棟)。店舗・飲食施設=地上二階、地下一階、延床面積一六七〇坪。駐車場=約三〇〇台

SBS出店の飲食店舗

・ファーストキッチン(ハンバーガー)

・京樽(テイクアウト寿司)

・カフェセクシオール/(株)ドトールコーヒー(喫茶、カフェバー)

・花さじき/(株)日本ばし大増(鍋、丼類)

・そじ坊/(株)グルメ杵屋(そば)

・リュド・サンジェルマン/(株)東急フーズ(ベーカリー・カフェテリア)

・シェリュイ/(株)日本ガストロノミー研究所(喫茶・洋菓子)

・台所家/(株)東京サミット(寿司)

・天龍門/(株)東秀(台湾家庭小皿料理)

・すずや/(株)すずや(とんかつ)

・カプリチョーザ/(株)クリエイトハウスヒロ(パスタ・イタリア料理)

・おく山/(株)日本ばし大増(高級居酒屋)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら