ウワサの新店舗:「ネバーランド炉(いろり)」 次世代型の焼肉スタイル

2021.07.05 509号 07面
「幸せになるペアリング 絶品!裏ロース+テキマルショット」 500円(税込み) A5和牛のカタサンカクとテキーラのカクテルをペアリング提案したセットをお通しで提供

「幸せになるペアリング 絶品!裏ロース+テキマルショット」 500円(税込み) A5和牛のカタサンカクとテキーラのカクテルをペアリング提案したセットをお通しで提供

「ホルモン幸せ尽くし」 980円(税込み) テーブルに設置されたいろりで保温しながら、熱々を楽しむ

「ホルモン幸せ尽くし」 980円(税込み) テーブルに設置されたいろりで保温しながら、熱々を楽しむ

大テーブルにはいろりが設置され、ホルモンなどのメニューはこの上で提供される

大テーブルにはいろりが設置され、ホルモンなどのメニューはこの上で提供される

 ◇注目Keyword:プロが厨房で焼くオトナの焼肉業態

 ●ホルモン焼きをいろりで提供

 東京・武蔵小山に6月オープンした「ネバーランド炉」は、「炭火ホルモン焼のネバーランド」などを展開するネバーランドアイが、「少し大人の究極のBBQスタイル」をコンセプトに業態転換した新店だ。リニューアル以前は鶏肉の焼肉店だったが、同社の澤田泰広社長によると、「外食自粛の中、飲食店を利用するお客さまには明確な来店動機がある。鶏焼肉より、やはり焼き鳥を選ぶ例が多かった」そうで来店客が激減したという。そこで好調な牛焼肉店へシフトしたが、一般的な焼肉店ではなく厨房の炭火でプロが焼くスタイルを採用。注文が入ってから釜で炊く炊きたてのご飯や、水根栽培の野菜をその場でもいで食べる趣向なども取り入れ、焼肉店をブラッシュアップさせたワンランク上の新業態を目指した。

 オススメは、系列店の強みを生かし、芝浦から直送される朝びきの鶏ホルモンを厨房で炭火焼きし、いろりの上で提供する「ホルモン幸せ尽くし」。「五感で味わう楽しさ」を意識し、非日常感を追求したという。

 また、同店では、残った料理はテイクアウト容器で持ち帰るドギーバッグを推進し、箸類持参のお客は500円オフになる「カトラリー持参割引」を行うなどSDGsへの取り組みにも積極的で、言うなれば次世代型の新しい焼肉店というわけだ。以前の鶏焼肉店では平均客単価2500~3000円だったのに対し、同店は5000~6000円を想定しており、「回転率はあまり求めずゆっくりと楽しめる店」を目指すという。

 ●店舗情報

 「ネバーランド炉(いろり)」

 経営=ネバーランドアイ/店舗所在地=東京都品川区小山4-4-19 2階/営業時間=17時~24時、不定休/席数=17席/目標月商=380万円

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら