第25回業務用加工食品ヒット賞:マルコメ「ダイズラボ 大豆のお肉」シリーズ

2021.09.06 511号 05面
規格=100g(常温)

規格=100g(常温)

冷凍や乾燥、レトルトと多彩なタイプ・形状を展開

冷凍や乾燥、レトルトと多彩なタイプ・形状を展開

 ●「第4の肉」リードするパイオニア

 ニューノーマル時代の需要創出へ

 「ダイズラボ 大豆のお肉」シリーズ 規格=100g(常温)

 ●製品紹介

 味噌のトップメーカーとして、160年以上にわたり大豆と向き合ってきたマルコメ。搾油した大豆を加圧、加熱、乾燥させて作る同社の「ダイズラボ 大豆のお肉」シリーズは、市場拡大が続く植物由来の「第4の肉」、プラントベースミートを国内に広めたパイオニア商品だ。2015年春の発売以降、ミンチ、フィレ、ブロックと多彩な形状で展開し、業務用は冷凍タイプ(ミンチのみ)、乾燥タイプ、そのまま使えるレトルトタイプと、用途・調理シーンに沿ったラインアップを揃える。

 ●受賞理由

 「日々の食事を通して健康を維持したい、という生活者ニーズの高まり」(同社)を背景に、一般ユーザーの間にも定着が進むプラントベースミートの国内市場をリード。外食や中食市場でも今後、さらに成長が見込まれている。SDGsやエシカル消費といった社会・環境配慮型の行動様式、ライフスタイルの広がりで顕在化する「地球環境に優しい」という選択肢にもマッチし、ニューノーマル時代の新たな需要創出に期待が高まる。

 ●会社概要

 マルコメ 本社/長野県長野市安茂里883

 1854年(安政元年)創業。1970年代後半に味噌業界トップに躍り出ると、業界に先駆けて「だし入り味噌」発売とカップ容器の採用(82年)、液状タイプ味噌「液みそ」の発売(2009年)、「大豆のお肉」シリーズの展開など、リーディングカンパニーとして常に新機軸を打ち出し続けている。