今日は何の日

10月27日。今日はツナの日

毎月27日はツナの日。語呂合わせに由来する。

水産加工 今日のキーワード: ツナ

マグロもカツオもツナ

マグロ類とカツオの缶詰は総称して「ツナ缶詰」といわれる。原料魚種別では肉色が白いビンナガマグロを使用した「ホワイトミート」と、魚肉が淡紅色のキハダ・メバチ・カツオを使用した「ライトミート」とがある。なお、カツオはキハダやメバチと区分して「カツオ」と称されるのが一般的である。種類別の市場流通構成比は、キハダなどのライトミートが約50%強、カツオが40%弱、ホワイトミートが10%弱である。

缶に詰められる魚肉の形状別では、「ソリッド(魚肉が大きな塊になっている)」、「チャンク(魚肉が一口大に切断されている)」、「フレーク(魚肉が小片にほぐされている)」がある。フレーク製品がもっとも多く、市場流通量の約80%を占める。チャンクとソリッドがそれぞれ10%程度の市場を占有している。

調味形態別では、「油漬」、「水煮」、「味付」、「調味料漬」などが あるが、多いのは前3者である。 輸出が全盛だった頃には考えられもしなかった輸入が開始されたのは、1983年頃からである。その後、年を経るごとに輸入量が増加してきており、近年では国内供給(8万t程度)に占める輸入品の比率 は50%程度(4万t程度)になっている。主要輸入相手国は、タイ、フィリピン、インドネシアなどの東南アジア諸国である。これら3カ国とのEPA(経済連携協定)は発効されており、今後も輸入は増加する環境にある。なお、輸入品には、1kg容量のレトルトパウチ食品も多く含まれている。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:沼尻光治、公益社団法人 日本缶詰協会 金村宣昭 ))

ペッパーフードサービス社長辞任=「いきなり!ステーキ」展開、業績不振で
20:14
「ガスト」など100店閉店=収益が悪化―すかいらーくHD
19:23
アフリカにも穀物輸出へ=国連購入、食料危機に対処―ウクライナ
18:13
日本海水 下期に業務用塩で値上げ 原燃料価格が危機的水準に
17:30
〔決算〕すかいらーくHD、22年12月期は赤字に=収支改善へ約100店閉店へ
17:26

タイアップ企画広告一覧

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉