今日は何の日

10月27日。今日はツナの日

毎月27日はツナの日。語呂合わせに由来する。

水産加工 今日のキーワード: ツナ

マグロもカツオもツナ

マグロ類とカツオの缶詰は総称して「ツナ缶詰」といわれる。原料魚種別では肉色が白いビンナガマグロを使用した「ホワイトミート」と、魚肉が淡紅色のキハダ・メバチ・カツオを使用した「ライトミート」とがある。なお、カツオはキハダやメバチと区分して「カツオ」と称されるのが一般的である。種類別の市場流通構成比は、キハダなどのライトミートが約50%強、カツオが40%弱、ホワイトミートが10%弱である。

缶に詰められる魚肉の形状別では、「ソリッド(魚肉が大きな塊になっている)」、「チャンク(魚肉が一口大に切断されている)」、「フレーク(魚肉が小片にほぐされている)」がある。フレーク製品がもっとも多く、市場流通量の約80%を占める。チャンクとソリッドがそれぞれ10%程度の市場を占有している。

調味形態別では、「油漬」、「水煮」、「味付」、「調味料漬」などが あるが、多いのは前3者である。 輸出が全盛だった頃には考えられもしなかった輸入が開始されたのは、1983年頃からである。その後、年を経るごとに輸入量が増加してきており、近年では国内供給(8万t程度)に占める輸入品の比率 は50%程度(4万t程度)になっている。主要輸入相手国は、タイ、フィリピン、インドネシアなどの東南アジア諸国である。これら3カ国とのEPA(経済連携協定)は発効されており、今後も輸入は増加する環境にある。なお、輸入品には、1kg容量のレトルトパウチ食品も多く含まれている。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:沼尻光治、公益社団法人 日本缶詰協会 金村宣昭 ))

エア・ウォーター、ダイハツと地域発再生可能エネルギー技術開発、NEDO事業採…
2021.12.08
亀田製菓、柿の種の類似製品に申し立て 製造・販売の差し止めを請求
2021.12.08
一正蒲鉾、水産練製品と惣菜を5~15%値上げ 3月1日出荷分から
2021.12.08
東洋水産、生麺や冷凍食品などを値上げ
2021.12.08
日本アクセス、“PBF売場”の構築目指す 新ジャンル創出視野に
2021.12.08

タイアップ企画広告一覧

新しい資金調達の選択肢 電子請求書早払い
食の安全を守る微生物検査のポイント
食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉