今日は何の日

10月26日。今日はきしめんの日

10月26日は愛知県製麺工業協同組合が制定したきしめんの日。食欲の秋である10月の、きしめんのつるつる(26)感を表した日付にちなむ。

小麦加工 今日のキーワード: きしめん

山梨ではほうとう、名古屋ではきしめん

きしめんの名称は、干しひらめん・ひらめん・きしめん・ひもかわと乾めん類品質表示基準で規定している。太さは幅が4.5mm以上厚さが2.0mm未満の帯状に成形したものと規定している。

きしめんの主要な生産地は、何といっても愛知である。きしめんのよび方は、北関東ではひもかわ、 山梨ではほうとう、名古屋ではきしめんとよばれている。いずれも昔は小麦の産地で、それぞれの小麦を使用したので、「めん」にも特徴があったが、今はほとんど使用する小麦はオーストラリア産なので、一般にはあまり差がないといわれている。ただし、食べ方には産地よってかなり違いがあるようだ。

山梨のほうとうは、味噌仕立てやうすいしょうゆ仕立ての汁にカボチャなどの野菜を入れて煮込んだところへほうとうを入れる。一方、名古屋のきしめんは、「めん」をゆでてドンブリに盛り、汁をかけ、かつお節などの具を添えて食べる。地方によっては、鍋焼きうどんともいう。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:全国乾麺協同組合連合会 安藤剛久))

エア・ウォーター、ダイハツと地域発再生可能エネルギー技術開発、NEDO事業採…
2021.12.08
亀田製菓、柿の種の類似製品に申し立て 製造・販売の差し止めを請求
2021.12.08
一正蒲鉾、水産練製品と惣菜を5~15%値上げ 3月1日出荷分から
2021.12.08
東洋水産、生麺や冷凍食品などを値上げ
2021.12.08
日本アクセス、“PBF売場”の構築目指す 新ジャンル創出視野に
2021.12.08

タイアップ企画広告一覧

新しい資金調達の選択肢 電子請求書早払い
食の安全を守る微生物検査のポイント
食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉