招来福寿 年始め・健康道のすすめ 新春の一服 裏千家・初釜

1996.01.10 4号 1面

元旦の「元」の字はものの根源を表わす。だから「元気」とは「気」をもとに戻して新しくすることで、健康を保つ力の意味だ。

ところでお茶の世界ではこの小正月、新春を祝い、また一年の無事を祈って「初釜」の席を設ける。厳粛な稽古初めにあたり、茶人は、清々しい初心の気持ちに立ちかえるのだという。

「稽古とは一より習ひ十を知り十よりかへるもとのその一」(利休百首)。

百歳元気な生活を目指して、食習慣もまた見直す好機の年初めだ。

進め今年も健康道。