知ると、もっと楽しいG・Gアカデミー イオンリテール南関東カンパニー

2014.08.01 229号 04面
鮮魚士の三浦優さん

鮮魚士の三浦優さん

手作りおはぎの実演にお客さまも興味津々

手作りおはぎの実演にお客さまも興味津々

 ○専門家が、お得で役に立つ情報を提供

 55歳以上のグランドジェネレーション(G.G)にお得なイオンの「G.G感謝デー」は、すでにお馴染みですね。南関東カンパニーでは、もっと多くのお客さまに楽しんでいただけるようにと、専門家が売り場に出てお客さまと交流する「G.Gアカデミー」を開始しました。

 第1回目となった6月15日、東京江戸川区の葛西店では、スペシャリストによる9つの相談会や講習会が開催されました。1階食品売り場のクッキングステーションは、11時と14時に「魚の3枚おろし実演」、12時と16時に「おはぎの製造実演」が開催され、多くのお客さまで賑わいました。

 ●3枚おろしで手を切らないために

 「魚の3枚おろし実演」を披露したのは、鮮魚士の三浦優さん。新鮮なアジを手際よくさばく様子に、子どもからG.G世代までが見入っていました。三浦さんは、アジ特有のゼイゴを、上に向けた面から取るのではなく、取りたい面を下にして尾びれ側から包丁を入れると安全にゼイゴが取れるとアドバイス。また、3枚におろした身の皮をむく時も、包丁の背を使って皮をこそぎ取るようにするとうまくいくと説明してくれました。参加した男性は「自分でやりたくなったね」と、すっかり満足された様子。

 ●やわらかいおはぎはごはんを見せる

 「おはぎの製造実演」を担当したのは、ホットデリカマスターの資格を持つ水越一仁さん。もち米のごはん30gに対し、あんは60g。小豆をつぶさないよう手のひらに優しく広げて、真ん中にごはんを載せたら、手のひらで形を整えていきます。水越さんの「ごはんをあんで包み込むやり方もありますが、ごはんが少し見えている方がかたくなりづらいですよ」という説明に、参加者は感心したように頷いていました。

 この方法で作られる葛西店の手作りおはぎは、毎日200個以上が売れるほどの人気商品。G.G世代の女性は、「いまは自分では作らないから懐かしいです。やはり手作りは幸せね」とニコニコ。

 イオン南関東の「G.Gアカデミー」は、これからも実施店舗数を広げて実施していく予定です。アドバイスや相談会はすべて無料。新商品の情報や、より自分にあった商品の選び方など、お気軽にご相談ください。実施内容は店舗により異なりますので、各店にお問い合わせを。

 ◆G.Gアカデミー

 イオンの各分野のスペシャリストたちが、お客さまに技術や知識を伝授するコーナー。ふだんはバックヤードでしか発揮できない技術をお客さまに披露したり、相談も受け付けます。お客さまは商品を深く知ることで、楽しさがドンドン広がります。魚の知識が豊富な鮮魚士、ワインのことなら何でもお任せのワインアドバイザー、惣菜作りのプロ、ホットデリカマスター。この他、ファッションや化粧品の知識が豊富な専門家も多数。そんな資格を持った専門家が皆さんにアドバイス。相談もアドバイスもすべて無料です。