「トップバリュ 減の恵み」 北海道産たまねぎ

2019.08.31 290号 06面

大きめで丸く太ったたまねぎが多いのは、土の状態が良い証拠。化学肥料に頼らずとも立派な農産物が穫れる。

大きめで丸く太ったたまねぎが多いのは、土の状態が良い証拠。化学肥料に頼らずとも立派な農産物が穫れる。

北海道富良野市岡本農場 岡本耕一さん

北海道富良野市岡本農場 岡本耕一さん

新物野菜のホイル蒸し

新物野菜のホイル蒸し

 ●「トップバリュ 減の恵み」

 農薬・化学肥料を極力抑え、環境への負荷を低減して生産された農産物

   *   *   *

 お話を伺った岡本さんの農場は、隣接する畑がなく、農薬などが飛散してくる心配がない、自然に囲まれた場所です。

 岡本さんは代々続く農家の生まれ。以前は農業系の財団職員として、「これからの農家には作るだけでなく『企業』という考え方が必要」ということを現場で学んできた。その眼差しは未来を見据えています。

 現在は、親子三代でたまねぎを中心に作っています。除草剤の使用は極力控えるため、草取りは家族総出の大変な作業なのだそう。火山灰質の富良野の大地は、たまねぎに必要なリンが不足しがちな土地。その年の収穫が終わったらすぐに土壌検査をして、緑肥や不足している栄養素をすき込む。化学肥料から有機質肥料に切り替えてから、農産物のできばえが安定してきたそうです。

 ◆新物野菜のホイル蒸し

 <材料・2人分>

 ・「トップバリュ 減の恵み たまねぎ」……1/2個(100g)

 ・「トップバリュ 減の恵み じゃがいも」……中1個

 ・「トップバリュ 減の恵み にんじん」……1/2本(80g)

 ・鶏もも肉……170g

 ・水……1カップ程度

 ・塩……小さじ1/2

 ・タイム(お好みで)……3枝

 ・しょうゆ……小さじ1

 ・レモン(生またはレモン汁)……少々

 <作り方>

 (1)じゃがいも、にんじん、たまねぎは輪切りにする。鶏もも肉はひと口大に切り、塩をふる。

 (2)(1)をアルミホイルで包む。タイムを入れる場合はここで一緒に包む。

 (3)フライパンで水を沸騰させる。(2)を入れてふたをし、13分程度、蒸し焼きにして肉と野菜に火を通す。水が足りない場合は途中で足す。

 (4)食べる時にしょうゆとレモンをかける。

 ※売価は店頭でご確認ください。

 ◆「減の恵み」 Less is More 減らす、引き出す 自然本来のチカラ

 トップバリュは、お客さまの期待を感動に高める、生活品質向上ブランドです。

 農薬・化学肥料を極力抑え、環境への負荷を低減して生産された農産物

 お客さまの体のすこやかさと自然環境への優しさをより高めるために。トップバリュからの提案です。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら