工場ルポ:ホクト・赤沼きのこセンター 10t/日を生産するエリンギ最大規模の工場

2013.08.01 196号 40面
アップルラインという愛称で知られる国道18号に近いホクト赤沼きのこセンター

アップルラインという愛称で知られる国道18号に近いホクト赤沼きのこセンター

 エリンギやマイタケ、ブナシメジ、ブナピーなど、きのこの開発から販売までを一貫して手掛ける「きのこ総合企業グループ」のホクト。ほぼ毎年のように工場が操業し、現在全国19拠点29センターを数える。エリンギ工場として最大規模を誇り、見学や取材の拠点にもなっているのが、長野市の赤沼きのこセンターだ。ホクトブランドのエリンギの特長は、かさの縁が巻き込み、茎が太く真っすぐで、姿形が良いこと。年間を通して高品質なエリンギの安定供給に努めている。