特集・どう防ぐ?食品への異物混入 防虫・軟質異物対策編:FOCUS1=環境機器

2014.05.01 205号 21面
壁に取り付けた状態のSPTab。この場所でメイガ類の雄が雌の性フェロモンを付着させる

壁に取り付けた状態のSPTab。この場所でメイガ類の雄が雌の性フェロモンを付着させる

 環境機器では、交信攪乱(※)技術を応用させたメイガ類の対策システム「SPTab」のフィールドテストを実施した。同システムによる抑制の仕組みとは、どのようなものなのか。フィールドテストでは、どのような事実が明らかになったのだろうか。  ※交信攪乱…雌の性フェロモンを活用して雄と雌の交尾の機会を抑制する技術。    *    *    *  ◆交信攪乱技術でメイガ類の発生源を抑え込む!!