アーモンド入りチョコを継続摂取で便通改善など効果 明治が発表

菓子 ニュース 2018.01.24 11650号 06面

 明治は、慶應義塾大学医学部の井上浩義教授との共同研究で、アーモンド入りチョコレートの継続摂取が便通を改善し、肌の水分を保持する効果を有することが示唆される結果を得た、と17日東京都内で開催した同社主催「チョコレートフォーラム」で発表した。  同社と井上教授の共同研究グループは、25歳以上50歳未満の女性で、直近2週間の排便回数が週2回以上4回以下、かつ皮膚の乾燥に自覚がある人を被験者とし、ランダムに2グループに分け、1群(36人)は、カカオ分70%のアーモンド入りチョコレー

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら