凸版印刷、保香性20%アップの新バリア紙パック発売

 凸版印刷は清酒や焼酎などのアルコール飲料に含まれる香気成分の容器への吸着を低減し、風味を常温で長期間保持できるバリア紙パック「低吸着EP-PAK」=写真=を酒類業界向けに12月から発売する。従来製品よりも保香性を約20%向上させ、内容物の風味を長期間保持することに成功した。  EP-PAKは凸版印刷が開発した口栓付き液体用紙製容器。内容物の保護性に優れ、常温での長期保存が可能だ。清酒や焼酎などアルコール飲料をはじめ、業務用ヘアケア剤やカー用品など幅広

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介