明治、「プロビオ」1000億円へ 17年度ヨーグルト2000億円も

(右)=「明治プロビオ」シリーズ拡大に貢献する今春新発売のプリン体と戦う乳酸菌入り「PA-3」(左)=同ドリンクタイプ

(右)=「明治プロビオ」シリーズ拡大に貢献する今春新発売のプリン体と戦う乳酸菌入り「PA-3」(左)=同ドリンクタイプ

川村和夫社長

川村和夫社長

 明治は今期、健康機能性タイプのプロバイオティクスヨーグルト「明治プロビオ」シリーズ売上高が1000億円を超えそうだ。「LG21」「R-1」に、今春新発売したプリン体と戦う乳酸菌入り「PA-3」を加えて一気に拡大。「明治ブルガリア」ブランドを含むヨーグルト計でも、通期1800億円を超える見込み。同社は長期ビジョンとして2020年までにヨーグルト事業2000億円を目指しているが、川村和夫社長は日本食糧新聞の単独インタビューで「17年度までの今中計中に前倒しで目標を達成しそう」と

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら