カルビー、長期構想へ中計策定 海外成長を加速

菓子 ニュース 2019.05.17 11877号 01面
伊藤秀二社長

伊藤秀二社長

 カルビーの伊藤秀二社長は2030年の目指すべき姿として、長期ビジョン「Next Calbee掘りだそう、自然の力。食の未来をつくりだす。(2030ビジョン)」を策定し、この実現のため、24年3月期を最終年度とする5ヵ年中期経営計画を今期から始動すると15日開催の決算説明会で発表した。(青柳英明)  新ビジョンでは2030年に海外での売上高構成比を40%以上に高めると同時に、新食領域に挑戦し、この分野での売上高構成比を20%以上とする数値目標を設定。新中計では24年3月期に連

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら