ヒットの兆し:山崎製パン「北海道チーズ蒸しケーキのとろけるぷりん」

小麦加工 ニュース 2020.09.23 12118号 01面

 ●200万個突破、想定の2倍

 山崎製パンが8月1日に発売した、ロングセラー商品「北海道チーズ蒸しケーキ」の特徴を生かした新感覚チルドスイーツ「北海道チーズ蒸しケーキのとろけるぷりん」が好調だ。累計販売個数は200万個で想定の2倍を突破し、8月発売のパン・和菓子・洋菓子の新製品全50商品の中で売上げ1位となった。

 同品は、しっとりふわふわの「北海道チーズ蒸しケーキ」と、とろけるように軟らかいカスタードプリンの二つの食感と味わいを同時に楽しめるチルドスイーツ。開発に2年を要し、蒸しケーキ生地とプリンの水分移行などを考慮し、最適なバランスを実現。

 ヒットの要因は、蒸しケーキとカスタードプリンのハイブリッドスイーツとしての意外性がありながらも形状、パッケージは「北海道チーズ蒸しケーキ」を踏襲している安心感がある点が支持された。140円(税別)前後という買い求めやすい価格もヒットに貢献。

 「北(ほく)チーぷりん」との通称も誕生。上から食べると「北海道チーズ蒸しケーキ」、ひっくり返して下から食べると「プリン」という商品特徴から「上から食べる派」「下から食べる派」が表れるなど、SNSでも話題になっている。(青柳英明)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら