中華まん特集

◆中華まん特集:20年、コロナ禍で停滞 CVS加温販売苦戦 冷凍は大きく伸長

小麦加工 2021.10.13 12308号 07面

2020年の中華まん市場は約600億円程度の市場規模になったもよう。19年の626億円から減少した。コロナ禍に伴う外出自粛で家庭内での消費が活発化した冷凍中華まんは、利便性、簡便性、保存性から大きく売上げを伸ばした。一方、コンビニエンスストア(CVS)のカウンターで加温販売する中華まんは、コロナ禍の影響を受け、CVSが都市型店舗を中心に苦戦したことや新型コロナウイルス感染が拡大する中、包装されていないものを購入するという生活者の心理的なハードルが影響し苦戦した。

21年の市

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中華まん特集

    中華まん特集

    小麦加工

     2020年の中華まん市場は約600億円程度の市場規模になったもよう。19年の626億円から減少した。コロナ禍に伴う外出自粛で家庭内での消費が活発化した冷凍中華まんは、利便性、簡便性、保存性から大きく売上げを伸ばした。一 […]

    詳細 >