日本包装技術協会、20年度食品包装コース開講

 日本包装技術協会(JPI)は11月19日から来年の3月17日までの5日間で断続的に、仕事に求められる食品包装全般の知識を集中講義する「2020年度11回食品包装コース」を開講する。対象は、包装業務について4年以上の経験を持つ人。会場はJPI会議室で。講師は水口眞一氏(水口技術士事務所所長)が務める。定員は先着30人。受講料は7万0400円(JPI会員は6万0500円、消費税・テキスト代含む)。  同コースはJPIの包装管理士講座と包装アカデミーの中間レベルのカリキュラムで構

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら