自販機業界3団体賀詞交歓会 尾上会長「非接触自販機の存在価値あらためて見いだす機会」

尾上広和会長

尾上広和会長

 自販機業界3団体は6日、東京プリンスホテルで賀詞交歓会を開催した。3団体を代表し、日本自動販売システム機械工業会の尾上広和会長は「以前から減少傾向だった飲料自販機の2021年1~12月の新台出荷は約11万台となる見込みだ。一昨年に引き続き、テレワークが大企業を中心に実施され、屋外や職域での清涼飲料の売上げが落ち込んだことが要因。食券券売機は、初めての緊急事態宣言下にあった一昨年比で回復傾向だがコロナ禍以前にはほど遠い状況だ。非対面・非接触という特性を生かし、多様な商品が自販

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら