五大物産、秋季商談会を開催 原点回帰で「売り」徹底

卸・商社 展示会 2019.11.08 11968号 16面
角田勇吉社長

角田勇吉社長

鍋つゆ商材などを提案した五大物産推奨品コーナー

鍋つゆ商材などを提案した五大物産推奨品コーナー

 【関西】五大物産は10月30日、大阪市中央卸売市場(同市福島区)内の「まいどプラザ」で「19年秋季商談会」を開催した。秋冬・年末・迎春商材を提案し「売り」に徹した商談会となり、活発な商談が繰り広げられた。  出展メーカーは70社(新規3社含む)。65社100人を招待した。「五大物産推奨品コーナー」では、定番の鍋つゆ商材をはじめ、飲料では500mlPET、また中容量の調味料を訴求した。  同社の48期上半期業績は、売上高が32億5000万円(前年同期比2%減)、売上総利益は4

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら