ダイドードリンコ、自販機で社会貢献 備蓄の啓発などで山梨県富士川町と連携

飲料 ニュース 2019.11.08 11968号 06面

 【関西】ダイドードリンコは、自動販売機を社会インフラとして付加価値を提供しようと、災害への備えと食料品などの備蓄の啓発につなげることを目的にこのほど、山梨県富士川町と「自動販売機の設置による災害備蓄品の寄贈に関する覚書」を締結した。  この覚書により、災害時の避難所に指定されている同町児童センターで、災害備蓄食を有事の際に活用できるようになった。また、設置した自販機の売上げの一部を同町社会福祉協議会へ募金し、地域福祉活動の支援にも役立ててもらうことになった。  同社は「今後

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら