アサヒ飲料、大阪初の「発酵文化教室」 小学生対象に遠隔授業

 【関西】アサヒ飲料は、CSV活動の新たな取組みとして、小学5、6年生を対象に「発酵」をテーマとした遠隔授業「アサヒ飲料 発酵文化教室~『カルピス』と発酵食品から学ぶ、私たちの生活や文化~」を7月から全国15の小学校で開始した。同月19日には同社の社員が大阪府内で初めての遠隔授業=写真=を寝屋川市立楠根小学校の児童らに実施した。
 同社はこれまで「カルピス」や「三ツ矢サイダー」などの製品を題材とした出前授業を実施し、子どもたちに食育(健康教育)や環境教

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら