ファーストダウン、カット野菜新工場を本格稼働 需要増加、国産原料にこだわり

京都府綾部市の新工場

京都府綾部市の新工場

ファーストダウンのカット野菜の商品

ファーストダウンのカット野菜の商品

 【関西】国産の原料にこだわったカット野菜の製造を行うファーストダウン(福岡県久留米市、白井雄樹社長)が、新型コロナウイルスの感染拡大で家庭用向け生食用サラダ需要が増加したことを受け、京都府綾部市に新工場を建設した。福岡銀行田主丸支店、商工組合中央金庫(商工中金)船場支店、日本政策金融公庫(日本公庫)大阪支店農林水産事業の3機関は、新工場の建設により国産野菜の取引量が増加するなど国内農業へも貢献する事業計画などを評価し、新工場建設のための設備資金を協調して融資。新工場は9月か

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら