技あり味なカンパニー:アロバ・内藤秀治郎社長 監視カメラ録画システム広がる

内藤秀治郎社長

内藤秀治郎社長

 ネットワークカメラ管理のソリューションを提供する、アロバ(東京都新宿区)は従来の防犯目的の監視用途から、業務改善や学習ツールなど新しいカメラの使い方提案を行っており、食品業界での用途も広がりつつある。  同社は2003年に監視カメラ事業に参入。05年に監視カメラ録画システム「アロバビュー」の販売を開始しており、監視カメラソフトウエアでは国内トップシェアを誇る。  「アロバビュー」では、カメラを1台から最大1万2800台まで管理可能。全国拠点企業のオフィスなどの大規模システム

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら