マルハニチロ、冷食生産拠点の夕張工場を閉鎖

 マルハニチロは1日、冷凍食品の国内生産拠点である夕張工場を来年3月に閉鎖し、同工場の生産をグループ内の他の工場へ移管していくことを決定したと発表した。閉鎖後の従業員116人は、同社グループ企業への配置転換や夕張近隣地区内での雇用あっせんを実施していく。
 同社は現中期経営計画「Innovation toward2021」で、加工食品事業における収益拡大のための取組みとして「生産拠点の再編を通じた利益率の改善」を施策の一つに掲げている。今回、夕張工場を

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら