日本惣菜協会編著「中食2030 ニューノーマル時代の新たな『食』を目指して」

 日本惣菜協会編著、片岡寛氏・木立真直氏監修の「中食2030 ニューノーマル時代の新たな『食』を目指して」が18日、ダイヤモンド社から発刊された。
 女性の社会進出や単身世帯・高齢者世帯の増加などさまざまな要因により、この10年間で惣菜市場は順調に拡大し、市場規模は約10兆円規模となった。しかし2020年は、新型コロナウイルス拡大に伴い、緊急事態宣言の発出、飲食店の営業自粛要請、リモートワークの推奨などにより、人々の行動が制限され、経済活動が低迷した。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら